子供が出す鼻血の原因とその対策

突然だからこそ焦ってしまうものです。体質にもよりますが、子供と結びつく現象こそが鼻血になることも多く、いざその時を迎えても焦ることがないように、原因と対策について知っておきましょう。効果的に向き合うことができます。

子供は鼻血を出しやすい原因は体質になることが多い

正常な出血というのは、鼻にあるキーゼルバッハ部位からの流血になり、ほとんどがここからの出血です。もともと弱い粘膜であり、ここには細かい毛細血管が張り巡らされており、それが傷つくことによって出血を招きます。鼻をいじることが直接的な原因となりますが、それだけではなくのぼせて急激な血流の変かを招くことによっても出血をします。

アレルギー鼻炎を持っている子供であれば、それだけで鼻をかむことが多くなり、それによって刺激され出血をすることも。また顔が真っ赤になり、のぼせているような場合のときも出血をするサインとなりますので、その場合は、注意深く見守っておきましょう。

もしものときは慌てないことが親には大切な姿勢

出血をしますので、その光景を見ただけで慌ててしまうのも親ですので、これは仕方ありません。ただ冷静に対処をすることが大切です。まず親が落ち着きましょう。その次に子供を椅子に座らせてください。寝かせると心臓より低くなり、止血しづらくなります。その姿勢を確保したら、小鼻をつまんでください。

そのときテッシュや脱脂綿を鼻の奥に詰めるのも効果的です。ただし頻繁に入れ替えをすると刺激をしてしまい、かえって出血を招くこともあります。そうすると、約10分くらいで止血が完了します。上を向かせると口のなかに血が入り、むせてしまうこともありますので、まずは下を向かせましょう。

子供と鼻血はよくあることと認識をするように

頻繁に出血をしてしまう子供もいて不安に感じ、病院を受診するのも良い判断ですが、その多くが粘膜が弱いことで片付けられることが多いです。よって「そういうものである」といった認識をすることも親には求められます。あまり慌てないようにしましょう。

ただ病気によって出血をしてしまうこともあります。鼻をいじっているわけでもなく、のぼせてもいないのに、突然出血を頻繁に繰り返しているような場合は、病気の可能性も。なかなか止血ができないといった特徴がありますので、その場合は病院で診てもらいましょう。また頭を打った時に出血した場合は、安静にしておく必要があります。出血時の状況によって、判断を適切にしてください。